オリジナル紙芝居

「ゆうたくんとイヌワシ」


きっかけは、昨年人と自然の博物館で行われた、「共生のひろば」。人と自然の会「カワセミの会」の方からイヌワシを題材にした紙芝居を作ってはどうかというご提案をいただき、このプロジェクトが始まりました。
絶滅危惧種であるイヌワシを、子供たちに知ってもらい、考えてもらうことを目的とした、いきものずかんオリジナルの紙芝居です。

 

メンバー皆で協力し、時間をかけて、ストーリーや構成を考えてきました。
この紙芝居制作を通して、実際に物語を作ること、伝えるの難しさ、環境教育の奥深さを知ることができました。

この紙芝居の使い方としては、この紙芝居の後に、イヌワシや絶滅危惧種のクイズや説明を行い、理解を深めていきます。他にも工夫した型を考えていく予定です。

今後も、この紙芝居を使って、さらに活動の幅を広げることを目標に活動していきます。