~活動内容~

海と空の約束プロジェクトとの連携活動

児童館や環境イベントで、紙芝居「海と空の約束」を軸とした環境教育を行っています。さまざまな環境教育の形を実践を通して学んでいます。

<活動例>

・須磨海浜水族園

・姫路白浜の海での3小学校合同授業

・神戸市の児童館・幼稚園

・神戸市生田川/都賀川

・奥須磨公園フェスタ

 


~海と空の約束~

作者:西谷寛

昔から固い絆で結ばれてきた海と空の友情が生んだ、心あたたまる絵物語。 パステル調の挿絵とともに、水と生物の関係がやさしく描かれています。 国連生物多様性の10年日本委員会推薦図書に選ばれています。

「海と空の約束プロジェクト」 西谷寛さん

http://umisora.petit.cc/banana/


②兵庫県立人と自然の博物館との連携活動

人と自然の博物館の研究やセミナー運営のボランティアを通して、博物館の先生のご指導のもと、自然環境に対する知識をつけています。

<活動例>

・毎年2月に行われる「共生のひろば」でのポスター口頭発表

・竹野、家島でのスキンダイビング研修

・イヌワシの生息地である上山高原の視察


③その他の活動

いきものずかんでは、その他にも様々なことにチャレンジしています。

〇オリジナル紙芝居「ゆうたくんとイヌワシ」

 絶滅危惧種のイヌワシを題材にしたいきものずかんオリジナルの紙芝居です。詳細はこちら

〇オオサンショウウオの研究所「ハンザキ研究所」の見学

 兵庫県の生野にある研究所で、絶滅危惧種のオオサンショウウオについて学びました。

〇環境ジオラマ作成 

 山、川、海がつながっていることを実際に目で理解してもらうためにジオラマを製作しました。はりま里山研究所で、ジオラマワークショップも開催しました。

〇おりがみアクション

 国際生物多様性の10年として全国で取り組まれている、「想いでつなごうおりがみアクション」。おりがみを通して生物多様性を身近に感じてもらうことを目的としています。私たちいきものずかんも参加させて頂いています。

ここで紹介している活動の他にも、まだまだ新たな取り組みに挑戦中です!!