2014/9/13 神戸市中央区 みのり保育園でビオトープ作り、

同市長田区  神楽保育園で ビオトープ整備

 ビオトープ作りの前に、必要な土集めを神戸市の西区で行いました。ビオトープには普通の土ではなく、粘土質に富んだ田んぼの土が良い、との事。その土をスコップで掘り、土嚢につめていざ、みのり保育園へ。

  ビオトープを作る下準備はもうすでに出来ていたので、今日はゴムシートを被せて泥を入れる作業を行いました。また、作業の途中で土の中からオケラが出てきて、それに子供達は興味深々でした。作業の後はとてもおいしい昼食もいただきました。

手入れ前。ガマがたくさん伸びています。
手入れ前。ガマがたくさん伸びています。

  みのり保育園の後は長田区にある神楽保育園に移動。この保育園にはすでにビオトープが作ってあるのですが、ガマなどの水草を抜く作業を行いました。定期的に手入れをしないと水中が暗くなり、かえって生き物に良くないそうです。人が作ったものは人が管理しないといけないと言う事を、改めて感じました。

記念写真
作業終了時に、保育園の先生方と記念撮影。ビオトープ内の水草は抜かれすぎているように思われるかもしれませんが、地下茎からまた伸びてくるそうです。

2014/9/23  PSS~いきものずかん 表彰式

 兵庫芸術家協会から「PSS~いきものずかん」の一連の活動とこれからの期待を込めて表彰されました!受賞に恥じないように、これからも環境教育を一生懸命取り組みたいと思います。