2015/4/12 里山 さくら・つつじ祭り

演奏&ライブもあって、今年は去年以上に賑やかな祭りになりました
演奏&ライブもあって、今年は去年以上に賑やかな祭りになりました

 今年もこの季節がやってきました。そう、里山でのさくら・つつじ祭りです。昨日は雨が降っていたのですが、それが嘘のような良い天気となりました。

また、平地では殆ど散ってしまった桜も里山では残っており、ツツジも咲き始めた里山は花々で綺麗に彩られていました。

みんなに描いてもらった絵の数々。沢山描いてくれて、ありがとう!!
みんなに描いてもらった絵の数々。沢山描いてくれて、ありがとう!!

 さて、今回私達がここに来たのは、お手伝い以外にもう一つ理由があります。それは、今度新たに作成する絵本で使う生き物の絵を子供達に描いてもらう事です。

最初は絵を描いてくれる子供が少なく、少し焦っていたのですが、午後からは大勢の子供が絵を描いてくれました。この日は花が多く咲いていた事もあり、絵の絵が多めとなりました。生き物と聞くと動物ばかり連想してしまいがちですが、子供は普段から植物を生き物として捉えている事を知り、少し驚きました。

 絵を描いてもらう以外にも、来てくれた子供達と遊んだり、炭火で焼いたピザを食べたりして、とても楽しい時間を過ごす事ができました。一方でいざ生き物の絵を描くとなると、里山という生き物が豊富な環境でさえも描くのが難しい事を痛感し、今後改善していく必要も感じました。この日の思い出と共に教訓も持って帰り、これ以降の活動に生かして行きたいです。

あっという間に終わったお祭りの後、みなさんで集合写真をパシャリ。来年もよろしくお願いします。
あっという間に終わったお祭りの後、みなさんで集合写真をパシャリ。来年もよろしくお願いします。

2015/4/19  垂水勤労市民センターで紙芝居&グループワーク

土管から出て来る水は、なんとなんとの湧き水。不思議な感じです。
土管から出て来る水は、なんとなんとの湧き水。不思議な感じです。

 突然ですが、問題です。右の写真の水は、一体何の水でしょうか?生活排水?いいえ、違います。実はこれ、湧き水なんです。今回は、下流でも湧き水が合流してくる変わった川、福田川と近くにある垂水勤労市民センターで活動を行いました。

福田川と生き物について説明する西谷さん。子供達も興味を持って聞いていました。
福田川と生き物について説明する西谷さん。子供達も興味を持って聞いていました。

 まずは、福田川の生き物について西谷さんと福田川クリーンクラブ会長の村上様に説明して頂いたり、実際に生き物を見てもらったりしました。一般的な都市河川にしか見えない福田川の下流でもフグやボラの魚影が見え、さらに湧き水が出ている場所の周辺には大きなモクズガニも居て子供達はびっくり。周りには綺麗な水が無いと生えない植物も見られ、改めてこの福田川の特異性を感じました。

自分が思いついた事を紙に書いていく子供達。こんなに思いつくなんて凄いなぁ・・・
自分が思いついた事を紙に書いていく子供達。こんなに思いつくなんて凄いなぁ・・・

 暫く川に居た後は垂水勤労市民センターに移動し、子供達と一緒に笹舟を作りました。その後、「どうやったら福田川がより綺麗になるか」と言う事を主題にしたグループワークを行いました。実は、私達いきものずかんに声をかけて頂いたのも、このグループワークでリーダーを務め、子供達から意見を引き出して欲しいと言う依頼があったため。そのご期待に答えるべく、一生懸命頑張ったのですが…子供達の想像力を掻き立てるのは中々難しく、苦戦しました。このような取り組みは初めてだったのですが、今度からはもっと上手く出来るようになりたいです。

 最後に、大人で構成されるものを含めた合計4つのグループごとに、それぞれのグループで出た意見や結論を発表しました。子供達もしっかりとした大きな声で発表する事ができ、時には他のグループの発表に質問をする等、とても積極的に参加してくれました。
 今回は雨だった為、当初予定していた福田川のクリーン作戦は出来ませんでした。それでも初めてグループワークでリーダーをした事で、とても良い経験をさせて頂きました。福田川クリーンクラブの皆様、並びに今回のイベントを企画し、お声をかけてくださった藤次様、ありがとうございました。

2015/4/25 船場御坊幼稚園で紙芝居

奇術同好会さんに誘っていただき、姫路にある船場御坊幼稚園のイベントで紙芝居をさせて頂きました。環境教育のイベントではありませんでしたが、とても熱心に聴いて下さる親御さんもおられ、とても嬉しかったです。自分たちのキャンパスがある姫路で活動することができ、とても良い経験となりました。紙芝居を通じて、いきものや海について考えるきっかけになれば良いと思います。