2016年2月 活動の記録


2月11日 第11回共生のひろば

 

 兵庫県三田市の「人と自然の博物館」にて、『第11回 共生のひろば』が開催されました。

いきものずかんもポスター発表をしました!
(タイトル『絵本とジオラマで学ぶ環境教育』です)
普段、一緒に活動している西谷寛さんとの「海と空の約束」の活動や環境ジオラマでの新たな環境教育の取組みを発表しました。

他にも、たくさんの団体さんが来られていて、多様な交流づくりの場となりました。新たな発見と気付きが沢山ありました。前日準備をされた皆さま、見学者の皆さま、そのほか関係者の皆さま、今日はありがとうございました!

2月21日 わくわくの郷(吹田市自然体験交流センター)での環境教育

わくわくの郷(吹田市自然体験交流センター)で「ふれあい交流広場」というオープンデーのイベントがありました。

プログラムの一つとして、いきものずかんのメンバー3人で紙芝居と振り返りの環境学習を2回させていただきました。

...

1回目では、子どもたちがたくさん来てくれました。子どもにとって難しい言葉を使ってしまうことがあり、そのことが反省点となりました。紙芝居を一生懸命聴いている姿が印象的でした。
2回目では、大人の方に多く来ていただけました。1回目の反省をふまえて、スムーズに進行することができたと思います。

他にも、焚き火体験やクラフト体験、お餅つき体験などたくさんあり、とても盛り上がっていました(^-^)

1回生3人で行うのは初めてで緊張しましたが、とても良い経験になりました!
環境教育の難しさを改めて実感しました。
良かった点や改善点を次に生かしていきたいと思います!

このような機会を与えてくださった主催者の方々、関係者の方々、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

2月25日 姫路白浜での3校合同環境教育

今日は姫路の白浜で行われる3校合同環境教育に参加させていただきました。

3校の小学3年生の前で、いきものずかんのメンバー6人で紙芝居の朗読を行いました。

子供達が真剣に紙芝居を聴いて、環境について考えてくれるその姿に非常に感動しました。

今日は他にも地引網を引いたり、各学校でこれまで行ってきた活動の成果を発表したりと内容盛りだくさんでした。
また、3校の生徒がこれまで育ててきたアマモをダイバーの方々が植え付けていたのがとても印象的でした。
このような素敵な機会に、いきものずかんが関わることが出来てとても幸せです!

まだまだ団体として至らないところもありますが、子供達に少しでも自然について考えてもらえるよう頑張っていこうと思います!

生徒さん、学校の先生方、そして今日の環境教育に関わって下さった関係者の皆さん、今日は本当にありがとうございました!