2016年3月 活動の記録


3月6日 須磨海浜水族園          ボランティアフェスタ

須磨海浜水族園で行われたイベントに、西谷さんの海空PJとして参加させていただきました!...

須磨水の大水槽前のステージにて、小学生未満の子供を多く含む20人〜30人ほどの前で、いきものずかんのメンバー6人で紙芝居の朗読、クイズなどを行いました。
事前に、このイベントは呼び込みから始まり、ざわついた中での活動になり難易度が高いと聞いていたのでかなり不安でしたが、多くの方に聴いていただき、子供達も楽しんでくれていたようだったのでよかったです(^^)
紙芝居への導入や景品も工夫しました。

また、IUCNーJのおりがみアクションのお手伝いもさせていただきました。おりがみを通して子供たちに環境問題などを考えてもらうというものでしたが、小さな子供に分かりやすく伝えることがいかに難しいかを改めて実感しました。

反省点もありましたが、よかった点も多くあったと思うので、今後の活動に活かしていきたいと思います。
須磨海浜水族園の皆様、スマボラの皆様、関わって下さった関係者の皆様、本日は本当にありがとうございました。                       

3月13日 長田アゲハチョウまつり

神戸市長田区アグロガーデン駒ヶ林店で行われた長田アゲハチョウ博にて、紙芝居とクイズ大会を行いました。
今回は海と空の約束プロジェクトとしていきものずかんメンバー6人が参加しました。

ペットコーナーの一角がイベント会場のアゲハチョウ博は、チョウとのふれ合いイベント、チョウの塗り絵、標本の展示など面白いイベント内容でした。このような場で活動ができたことを嬉しく思います!

...

まず、本番前に少し呼び込みをしました。そのこともあって、たくさんのお客さんに来ていただくことができました。最初に、海と空の約束の紙芝居をしました。今回は4人がかりで支える大型紙芝居を使用!みなさん真剣に聞いてくれました。
紙芝居の後、クイズ大会をしました。紙芝居の内容とチョウに関する勝ち残り⚪︎×クイズです。残った10人の方に景品をプレゼントするというものでした。
メンバー皆で盛り上げて、お客さんもノリがよく楽しい雰囲気の中始めることができました。しかし…お客さんが優秀で人が全く減らないというハプニング。急遽クイズを変更し、調整してなんとか最終的に絞り込むことができました。
このようなハプニングもあり、改めてクイズ大会の難しさを知りました。臨機応変に対応していくこと、クイズ内容の吟味などのしっかりとした準備が大切であることを実感しました。
今回の反省を今後の活動に生かしていきたいと思います。

関係者のみなさま、参加してくださったみなさま今回は本当にありがとうございました

3月20日 サイエンスカフェinはりま里山研究所

~身近な海辺と海洋生物(和田年史先生)~...

はりま里山研究所(共催)にてサイエンス・カフェをさせて頂きました。たくさんの方々にお越し頂きました!

兵庫県立大の先生であり、人と自然の博物館の研究員でもある和田年史先生が、兵庫の海辺の生き物、特にイカやカニ、タコについて楽しくお話してくださいました。研究熱が伝わってきて、子どもたちも保護者様も聞き入っておられました。イカの生き抜くための知恵や、レジャーとしての海辺や人間活動との関わりなど、考えさせられる内容もありました。

休憩時間中はメンバーが一から作ってくれた抹茶ケーキ(ホイップクリーム付き)、コーヒーをお出ししました。

不手際な部分もありしたが、このような機会を頂き勉強になりました。和田先生、研究所の皆さま、お越しになった方々、メンバーの皆さま、今日はありがとうございました!