2016年8月 活動の記録


8月15日 折り紙講習会

昨日は、IUCN-Jの石黒さんをお招きして、「折り紙講習会」を行いました。
石黒さんは、おりがみを通して生物多様性について考える「おりがみアクション」の活動や、「にじゅうまるプロジェクト」の活動をされています。石黒さんとは3月に須磨水族園で行なわれた、おりがみアクションのイベントでご一緒させていただきました。おりがみアクションなどの活動が、いきものずかんの活動にもつながることがあるということで、今回の企画が実現しました。...

内容としては、COP10の折り紙ロゴを皆で分担して完成させました。サルやキジ、クマなど、難しいものも多く苦戦しながら…笑、和気あいあいと楽しい会になりました。

このロゴの中にヒトがデザインされているのは、生物多様性においてヒトも重要な存在であるという深い意味があります。他人事だと考えず、自分たちにできることを考えて行動していかなければなりません。いきものずかんも、生物多様性を守るために何ができるか考えていきたいと思います。
今いきものずかんでは、2つのプロジェクトに取り組んでいます。このプロジェクトに関連する折り紙も教えていただきました。おりがみアクションといきものずかんのコラボも実現するかもしれません!今後の展開が楽しみです。

石黒さん、今回は遠方からお越しいただき本当にありがとうございました!

8月18日 児童館での環境教育 お絵かき大会

神戸市西区の児童館(有瀬学童保育コーナー)で紙芝居『海と空の約束』と環境学習、いきもの観察とお絵描き大会をしました。

紙芝居では、みんな集中して見ていました。その後、作者の西谷寛さんが振り返りの環境クイズを出題すると、たくさん手が挙がっていました(^-^)

...

いきもの観察とお絵描き大会では、みんなよく観察して細かい所まで上手に描けていました。最後に、描いたいきものの絵を班ごとに模造紙に貼ってもらいました。模造紙には、あらかじめ川の絵を書いておいたので、1つの作品を作った達成感を味わえたのではないでしょうか(^-^)
そして、気付いたことや工夫したことを発表してもらいました。みんなとても楽しそうで、こちらも楽しくなりました(^◇^)

児童館の方々、西谷さん、ありがとうございました!

8月17・18日 海中のいきもの観察&スキンダイビングのスキルアップ講座

2日間、豊岡市にある竹野スノーケルセンターで、兵庫県立人と自然の博物館の和田先生による「海中の生きもの観察&スキンダイビングのスキルアップ講座」に参加しました。和田先生の他に島根大学汽水域研究センターの原口先生、地元で漁師をされており、竹野スノーケルセンターのパークボランティアもされている宇野さん、竹野スノーケルセンターのセンター長の小崎さんなど多くの方にお世話になりました。兵庫県立大学からいきものずかんの10名と鳥取環境大学から1名の11名が参加しました。
初日は和田先生の座学のあと海に入ったのですが、運悪く始まる前にかなり雨が降ってしまい、波が高く水中もにごっておりあまり観察などはできませんでした。夕食のあと講師のお二人とセンター長、そしてセンターに泊まり込みでボランティアをされていた他大学の4名の方を交えての交流会がありました。みなさんの熱い思いを聞くことができ、有意義な時間を過ごすことができました。
2日目は初めに原口先生の海藻に関する座学がありました。海の生態系には藻場が欠かせないことがわかり、とても勉強になりました。その後2回目の海に入りました。波はまだ少しありましたが、水は前日よりもかなり透明になっており、多くの生き物や海藻を観察することができました。原口先生のお話を聞いていたので、普段はあまり気にしない海藻にも目を向けて観察できました。
2日間を通してスノーケルの使い方や海藻のこと、そして日本海の自然の豊かさを改めて感じることができました。和田先生、原口先生、宇野さん、そして小崎センター長をはじめ竹野スノーケルセンターの皆様、2日間大変お世話になりました。ありがとうございました。

8月23日 夏休み 児童館での環境教育①

神戸市の2つの児童館で、紙芝居『海と空の約束』と振り返りの環境クイズ、生き物観察を行いました。

午前は、西山児童館に行かせていただきました。子どもたちはとても元気がよく、大盛り上がりでした!クイズ大会では、当てきれないほどたくさん手があがりました(^-^)...
生き物観察ではみんな興味津々で、たくさんの子たちが最後まで残って観察していました。

午後は、小束山児童館に行かせていただきました。子どもたちは、とても集中して静かに紙芝居を見てくれました。最初は子どもたちが少しおとなしかったので盛り上がるか少し心配でしたが、いざクイズが始まるととても楽しそうにしていて安心しました(^ ^)

午前と午後の両方とも、最後に児童館の先生方とお話する機会があり、教育についてとても勉強になるお話を聞くことができました。

1回生は初めて児童館の活動に参加し、勉強になったのではないでしょうか(^-^)
2、3回生も、1日に2回も児童館に行くのは初めてだったので、良い経験になりました。

反省点も多々あったので、次の機会に生かしていきたいと思います。
児童館の方々、西谷さん、ありがとうございました!

8月24日 夏休み 児童館での環境教育②

神戸市西区にある井吹台児童館に行かせていただいて、紙芝居『海と空の約束』と振り返りの環境クイズ、生き物観察を行いました。

子どもたちは、初めの紙芝居の時は集中していて、物語に入り込んでくれていました。...
環境クイズになると、切り替えが早く、元気いっぱいで楽しく盛り上げてくれました!
生き物観察では、とてもキラキラと目を輝かせながら生き物を熱心に観察していました。
最後のアンケートには、「ぜんぶたのしかった!」と書いてくれた子もいて、素晴らしい経験をさせていただきました!

最後に児童館の先生とお話したのですが、先生自身もアンケートの子どもたちの反応に驚いていました。改めて環境教育は大切なことだと再確認することができました。

連続で2日児童館にお邪魔させてもらい、本当に良い経験を積ませていただきました。
おかげで改善点も多く見つけることができ、これからの活動に生かせそうです!
児童館の方々、西谷さん、ありがとうございました!