2017年3月 活動の記録


3月2日 姫路の白浜での3校合同環境教育

3/2(木)に姫路市白浜海岸で行われた、3つの小学校が一緒に行う環境体験学習(アマモ)のお手伝いをさせていただきました!

このプログラムでは、まず子供たちが地引き網引きと生き物観察を行いました。そして子供たちが前から取り組んでいた事前学習についての発表を行い、最後にいきものずかんによる紙芝居を実施させていただきました。
成果発表では、小学校毎に分かれて歌劇や絵を利用した発表など、工夫を凝らした発表をしてくれました。子供たちが頑張って勉強し、また今日に向けて沢山の練習をしてきたことが伝わり、見ていた私たちも感激してしまいました(*_*)
また、プログラム途中には子供たちが大切に育ててきたアマモの、ダイバーさんへの受け渡しもありました。実際に育てたアマモが海に出るというのは、子供たちにとっても特別な日になったのではないかと思います!

...

☆☆いきものずかんが実施した内容☆☆
いきものずかんは、海と空の約束プロジェクトの西谷寛さんと共に、紙芝居『海と空の約束』を利用した環境学習を実施させていただきました。読み聞かせ後には振り返り学習(クイズ等)も行い、子供たちに海を守るためにできることや、自然と人との繋がりを考えてもらいました。子供たちは熱心にお話を聞いてくれて、クイズにも沢山の手を上げてもらうことができたので良かったです。
ただ、反省点もあります。
今回いつもと違ったことは、子供たちが事前学習を行っていた点です。子供たちの理解度に合わせた有効な学習というのを、もっと工夫しなければと感じました。今後に向けて、取り組ませていただきたいと思います。

今回参加させていただいて、このような学習の機会は子供たちにとって非常に意味のあることだと感じました。今後も継続的に続いてゆくことを願っております。

この体験学習の中では、西谷寛さんや地元の漁師・ダイバーの方をはじめ、小学校関係者の皆様など様々な方にお世話になりました。皆様、ありがとうございました!

3月12日 須磨海浜水族園ボランティアフェスタ

神戸市の須磨水族園で開催された、スマスイボランティアフェスタに参加させていただきました!

11:00から国際自然保護連合日本委員会(IUCN-J)の折り紙アクションのお手伝いをさせていただき、13:00からは海と空の約束プロジェクトの一員として、1F大水槽前で紙芝居の上映とクイズ大会を行いました。
今回は、紙芝居作者である西谷寛さんがエコっ子自然探検隊の方に参加されていたため、事前に西谷さんからアドバイスを頂き、いきものずかん単独で紙芝居を上映いたしました。緊張感はありましたが、スマボラさんの助けもあり、無事終えることができました。本当に感謝です。メンバーにとって、良い経験になったと思います。

...

折り紙アクションは、沢山のお子さんに参加していただき、子ども達の笑顔を沢山みることができました。この折り紙アクションが、子ども達が少しでも生き物のことを考えるきっかけとなったことを願っております。

最後には水族園の裏側を探検するツアー、そして懇親会にも参加させていただき、本当に充実した一日となりました!

本日お世話になりましたIUCN-Jの石黒さん、須磨水族園関係者、ボランティアの皆さま、そしてご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました!
来年のボラフェスも楽しみにしております。

3月26日 ハッピーアースデイ大阪2017

今日はハッピーアースデイ大阪2017に参加し、ディスカッションと紙芝居を行いました!

地球環境について考える学生主催のイベントで講演会やディスカッション、ワークショップなど様々な催しがあります。

...

ディスカッションのテーマは「私たちが目指す社会ってどんなもの?」でした。私たちいきものずかんは「自然や人の心が豊かな世界」をテーマへの答えとして他の団体とディスカッションを行いました。普段では聞くことの出来ない他の団体、人の考えに触れることが出来ました。また、私たちの考えについての意見を聞くこともでき貴重な経験になりました。

紙芝居は急遽、作者の西谷さんから役割を任されることとなりましたが打ち合わせと今までの経験もありやりきることが出来ました。クイズではたくさん手が挙がり、しっかりと環境について、自分たちが出来ることは何かを考えて答えてくれたと思います。
雨の中での紙芝居となりましたが多くの方が聞いて下さり嬉しかったです!ありがとうございました!

皆でみらいちず、将来やりたいこと等を書いたり、オーガニックの食材を用いた料理を食べました。料理を購入する際に、ゴミを減らすために使い捨て容器ではなくリユース食器を使うリユース食器システムがありました。環境人間学部の大学祭やそれ以外のイベントでもこのシステムが使われるようになればいいなと思いました。

アースデイ終了後は天王寺動物園へ移動し、折り紙アクションのお手伝いをさせて頂きました。子どもたちが折り紙に書いたメッセージには、いきものを大切にするというものが多くあり、すぐに成果が出るわけではないけれど私たちのような活動をすることでいきもの、環境のことを考えてくれる子が増えるのかと感じることができ嬉しくなりました。

その後はナイトズーに参加しライトアップされた動物や、動物とあべのハルカスの組み合わせ、活発に動くライオンや狼など夜行性の動物たちの活動も見ることが出来ました。

今日の活動で同じように環境について活動する団体、大人の意見に触れることが出来ました。ここでの経験、刺激を大切に、いきものずかんが目指す「自然や人の心が豊かな世界」へ向けて丁寧に、少しずつ進んでいきます。